アドサーモ

アドサーモ

アドサーモ

アドサーモ

  • 無料配布用製品資料 PDFダウンロード
  • 施工事例を見る

製品の用途および主な特徴

アドサーモは小規模の空洞充填に大変便利な材料です。道路下等の空洞充填、沈下修正工事の隙間充填、
地盤沈下などによる床下空洞の充填、トンネルや地下シールド工事の背面空洞充填、更生管の裏込め、
埋設廃管の充填など、いろいろな充填工事に活用できます。

アドサーモ

  • 小規模の空洞充填工事に最適です。
  • 水とセメントと混ぜるだけで高性能な充填材になる材料です。
  • ハンドミキサーや小型のグラウトミキサーで簡単に作れます。
  • 製造量を大幅に削減できます。
  • 高い流動性と注入後の体積膨張で狭い空洞も隙間のない
    充填が可能です。
  • 軽量な充填材になるため、地面への負担も低減できます。

簡単に施工

アドサーモとセメントと水を用意するだけ。
アドサーモ1袋は、セメント1袋(25kg)と混練しやすいように計量済のため、手間も省けます。
アドサーモは、1袋約900gで、運搬も保管も省スペース化ができます。

簡単に施工

製造の手順

ハンドミキサーの場合

高速グラウトミキサーの場合

使用するハンドミキサーは、回転数1000rpm以上でディスク型攪拌羽のものをご使用下さい。

高い流動性

アドサーモを使った充填材は非常に流動性が高く、
狭い隙間にも容易に注入ができます。
高い流動性がありながらブリージングがなく、
しっかりと充填できます。
右の写真は、練上がり直後のフロー試験の様子です。
フロー値は400mmです。

アドサーモ高い流動性

体積膨張

アドサーモは、注入後に1~2時間でゆっくりと体積膨張します。(練水の温度、気温によって膨張時間が若干変わります。) 膨張中は流動性があるため、周囲へ圧力負荷をかけず隙間を充填していきます。仮に過剰に注入した場合でも、 注入口や確認孔から余剰分が出てきます。硬化時間は使用するセメントによって変わりますが、普通セメントであれば(気温15~25℃)、 半日で歩行可能な強度になりますので、翌日の次工程がスムーズに行えます。なお、注入後1~2日まではスクレーパー等の工具で簡単に 切削ができるため、後加工も楽に行えます。体積膨張の様子をご覧下さい。


配合およびその他の性質

 アドサーモセメント練上り量膨張後の体積
ハンドミキサー 28ℓ 1袋(0.9kg) 1袋(25kg) 40〜45ℓ 70〜75ℓ
100ℓ容量グラウトミキサー 56ℓ 2袋(1.8kg) 2袋(50kg) 80〜90ℓ 140〜150ℓ
150ℓ容量グラウトミキサー 84ℓ 3袋(2.7kg) 3袋(75kg) 120〜135ℓ 210〜225ℓ
項目数値備考
混練時スラリー密度 1.1〜1.3gf/cm3 混練直後
フロー値 350mm以上 混練直後。JIS A 313に準拠
混練直後の空気量 10〜25%  
膨張後の空気量 45〜55%  
硬化後材料密度 0.7〜0.8gf/cm3 封かん養生、28日材齢
一軸圧縮強度 0.8〜1.3N/mm3 JIS A 1108に準拠

お客様の声


アドサーモを使っていただいた感想


①主に沈下修正後の床下充填に使ってます。お施主様に「ウチの充填材は膨張するので
 隙間ができません」と説明すると安心してもらえます。また、軽量であることも
 喜ばれます。工事としても練る量が減って大助かりです。


②手軽に使えるのがいいです。作業量も減るし、作業スペースも取らない。他の業者さん
 から「これ何?」って聞かれたこともありますね。床下充填は沈下修正工事の最後の
 工程、アドサーモはしっかり充填ができるのでいいです。


③お施主から、これを使ってくれと言われて使った。ちゃんと膨張するね!
 最初使ったとき、こんなに水っぽくて確かに流れやすいけど大丈夫かなって感じ
 だった。でもしっかり充填した。セメントもプレミックスされているほうが
 いいと思ってたが、他のプレミックス材より安いし、余っても運搬や保管に
 場所を取らないし、セメントは他で使えるので便利。


④隙間を埋めるのに無収縮(モルタル)を使う予定でいたが、強度を必要と
 しないのでアドサーモを使った。価格も断然安いし、(練り量が大幅に
 削減でき)作業も楽になった。


⑤お施主様から膨張して床を持ち上げちゃうんじゃないかって質問されます。
 膨張してても流れるので大丈夫です。と答えると納得してもらえるが、
 そういうのを分かりやすく説明する動画を作ってくれるといいです。お施主さんが
 見ている前で、段ボールから秘密の粉を出してセメントと混ぜる。これ、
 ちょっと快感なんですよ。


⑥工場の設備下の空洞充填で使いました。消防法の関係で床を開削すると
 大変になるので大変助かりました。注入口と違う隙間から膨張して出てきて、
 隅々まで充填されるのが確認できました。


⑦更生管の裏込め充填で使用した。流動性が高く狭い隙間にも入り込み、膨張で
 しっかりと充填できる。スラリーの比重が軽いので、更生管の浮上防止が低減
 できるのもよい。